最新作「2030世界漂流」公演決定!

昨年大好評を博した、世界会議に続き、
小池博史ブリッジプロジェクトが送る世界シリーズ第二弾

2030世界漂流

「世界を追われ、彷徨う人々」をテーマに、元シルクドソレイユのフィリップ・エマール、インドを代表するパフォーマーであるムーンムーン・シンをはじめ、オペラ歌手、ダンサー、俳優など様々なバックグラウンドを持つ出演者、総勢14名によって描かれる完全オリジナル作品「2030世界漂流」。
音楽は横笛奏者でサックス、ギターとあらゆる音楽演奏を可能とする太田豊やジャンベの奏者でラッパーの下町兄弟などによる生演奏。浜井弘治の衣装、メディアアート第一人者である飯名尚人が映像を担当し独自の世界観を作り上げる。
舞台は2030年。
現在日増しに深刻化していく難民問題の先にある未来とは。

====================================
日時: 2018年2月3日~2月12日
場所: 吉祥寺シアター(東京都)

フィリップ・エマール
ムーンムーン・シン
荒木亜矢子
谷口界
吉澤慎吾(よしは土冠に口)
青木賢治
甲斐美奈寿
日下麻彩
佐久間文恵
野瀬山瑞希
平多理恵子
福島梓
森ようこ
山口真美
====================================