web_index_top.png

小池博史ブリッジプロジェクト / 注文の多い料理店
宮沢賢治の名作童話「注文の多い料理店」。山奥に狩りの楽しみを求めてやってきた青年紳士たちは嵐に遭い、這々の体で、発見したのが「西洋料理店 山猫軒」。そこは不思議な「注文の多い料理店」だった。次々と注文を出されて、はじめは意気揚々と要求に応える紳士達だったが、不思議な動物達の誘いを甘受しつつ、いくつもの部屋を通り抜けていくとそこには大きな得体の知れない“なにか”が潜んでいた。 それは一体何であるのか、そして私たち人間はそれとどのように対峙すべきなのか。 紳士達がみた風景は人間の存在そのものを問いかける。

space.gif
space.gif
space.gif

web_index_menu_intro20131004.pngweb_index_menu_intro20131004.png
web_index_menu_story20131004.pngweb_index_menu_story20131004.png
web_index_menu_info20131004.pngweb_index_menu_info20131004.png
web_index_menu_production20131004.pngweb_index_menu_production20131004.png
web_index_menu_cast20131004.pngweb_index_menu_cast20131004.png
web_index_menu_staff20131004.pngweb_index_menu_staff20131004.png
web_index_menu_review20131004.pngweb_index_menu_review20131004.png
web_index_menu_movie20131004.pngweb_index_menu_movie20131004.png