あきゅらいず美養品 代表
南沢 典子


プロフィールはこちら

演出家・小池博史ブリッジプロジェクト 代表
小池 博史
プロフィールはこちら

2013年2月22日-24日に実施の「注文の多い料理店」東京初演@あきゅらいず美養品“森の楽校”を記念し、特別対談をおこないました。 あきゅらいず美養品代表・南沢典子と、元パパ・タラフマラ主宰で演出家の小池博史によるちょっと不思議なお話。4回に分けてのレポートです!どうぞお楽しみください。

「小池さんのライフスタイル!」

南沢

そんな世界をつくり出している小池さんの、普段のライフスタイルってどんななのかなって、いつもそのへん聞きそびれちゃうんですけど。

小池

ライフスタイル……(笑)……ない。ううん、なんだかよくわからない。普通でしょう。



南沢

どういう生活を送っていると、そういうものが生まれてくるのかとか、どういう食べ物たべてるのかとか、何時に寝てるのか、普段、本読んでるのかとか、音楽は相当聴いているって知っているのですけど。

ただただ忙しいだけで、わけわかんないですけどね。忙しいときほど、かえってトレーニングとかしてたり。

南沢

へぇ~、そうなんですか!

小池

いや、基本からだですからね、やっぱり、ずうっと汗流さずにいるとだめですね、気持ち悪くて。


南沢

ジョギングとかするんですか?

小池

ジョギングまではしないですけど、部屋でひたすら自転車こいでるだけですけど。

南沢

何時間ぐらいするんですか?

小池

何時間もしないですよ、せいぜい30分か40分くらい。 

南沢

そのときも音楽聴きながら?

小池

音楽は、聴かないですね。

南沢

ただひたすらこぐんですか?

小池

……っていうのもあるんですけど、ときには、原稿書きながら漕いでるときもありますよ。



南沢

えっ?原稿書きながら自転車こぐんですか?!(小池:あの、特別仕様にして、パソコンみたいなの置いて……)え!書けます?落ち着かなくないですか?

小池

大丈夫です。できますよ。これが意外と集中できる。

南沢

料理とかするんですか?

小池

料理、好きですよ。 

南沢

料理しながら、何かしてます?

小池

それはないです。料理しているときは料理しているだけ。

南沢

得意な料理ってなんですか?

小池

まあ、中華好きですからね。

南沢 

なんか、そんなことの方が気になって(笑)……。これは、私生活がどんななってるんだろうって。洋服買いに行くんですか?



小池

洋服は、買わないですねえ。

南沢

なに?ネットで買うんですか?

小池

服ですか?服、ネットで買わないですよ。買わないですって。めんどくさいんで。

南沢

髪の毛とかは切りに行くんですか? 

小池

髪の毛はもう自分で切っちゃいます。

南沢

え!ほんとですか?(爆笑)

小池

たいてい自分で切っちゃう。

南沢 

へぇぇぇ〜・・・


「出そう、なんですか?なんかトイレみたいですね。笑」

南沢

そんな私生活で、どこからアイディアが生まれてくるんですか?

小池

アイディアは、アイディア出そうと思えば生まれますね。

南沢

出そう、なんですか?なんかトイレみたいですね。笑



小池

いやいや、ほんとそうですね、トイレみたいにして出そうとしないと出ないですよ。ぼおっとしちゃって。出そうとしないと、多いときで年間8本くらいやりますから。

南沢

で、そのインプットは、どういうものからインプットしてるんですか?

小池

インプットしてる記憶もないですけど。



南沢

本とか読まれますか?

小池

本は読みますよ。本はもちろん読みますけど、でも、欠かさずにないとだめっていうのは、やっぱり、音楽かな。本も読んでないときはありませんが。

南沢

音楽から、なにかこう、イメージが広がってくるんですか?

小池

そうでもないですね。音楽から広がることも、あんまりないですね。考えてると出て来るとしかいいようないですね、イメージが。奥底からじわじわと沸いてくるように、です。



南沢

すごいですね、考えてるっていうことは、なにかその、自分の中の記憶の、何か残像みたいなものが、いろいろと組み合わさって、映像として出て来るようなかんじしかないと思うんですけど。

小池

そうですね、たぶんそうだと思います。

南沢

いったいどこで、そのいろいろなものがインプットされて来たのかなあって……。

小池

日常の中の記憶じゃないですか?日常で、こうやって見ている風景とか人物とか出来事とか。何に影響されましたか?ってよく聞かれますけど、何に影響されたって、結局、自分が体験して来たものすべてとしか、言いようがないですよね。

【SHIP IN A VIEW】
photo by Hiroshi KOIKE