小池博史ブリッジプロジェクト
最新作は初のオリジナル作品!!

 
元パパ・タラフマラ演出でベネチアビエンナーレをはじめ、数多くの海外公演を成功させている小池博史による新作公演!!
 
舞台美術はシンガポール・アート・ミュージアム(SAM) や青山スパイラルガーデン等、国内外の展覧会で壮大なインスタレーション発表し、日本の現代美術を代表するアーティストとして活躍している栗林隆が手がける。
 
能楽師、ダンサー、俳優、サーカスパフォーマーといった男女7名のパフォーマーと、3名の音楽家による生演奏によって『世界の行く末』を照らし出す。
 

レコメンドメッセージ

KONISHIKI様
前作のマハーバーラタを見て、色んな動きに対して、あんなにたくさんの生音が細かくシンクロして噛合っていることに驚きました。ライティングや衣装や仮面の変化、それと身体 の動きがとでも綺麗で印象に残っています。今の世の中、なんでも形やモノで人を動かそうとしているけれど、想像する力や目に見えないものに大切な未来が隠されていることを教えてくれるものが 少ないですよね。ハワイには昔から伝わる民話や歌の中で「現代に足りない必要な知恵や考え方は、古い時代の方が遥かに多くある。」って教えてくれています。常識的な考えって時代とともに実は正しくない方へ向かってしまっている可能性があるのかもしれない....「世界会議」で、本当に亡霊が現代の人と会議を始めたら戦争なんて起きないのかもしれないですね。

 

小錦千絵様
 前作のマハーバーラタは様々なジャンルの踊りと身体の動きが綺麗でとても魅力的な作品でした。 今までどこにも観たことのない世界に引き込まれ、月日が経ってた今も、映像が頭に残っています。一度観たらきっと忘れない何か魔法のようなものがあったのかな..... 
「世界会議」はテーマだけだとディープな感じだけれど、どんな映像になって残るのか、とても楽しみです。

 


【出演】
清水寛二(能楽師・銕仙会)、松島誠、白井さち子、荒木亜矢子、谷口界、立本夏山、吉澤慎吾
 
【演奏】
太田豊(横笛・サックス)、下町兄弟(ジャンベ・パーカッション)、徳久ウィリアム(ボイス・口琴)
 
【スタッフ】
作・演出・振付 :小池博史
美術:栗林隆

衣装:浜井弘治
映像:飯名尚人
小道具:森聖一郎
照明:上川真由美
音響:印南昭太朗
舞台監督:中原和樹
宣伝美術:阿部海太、阿部航太
演出助手:松縄春香
 
提携:公益財団法人武蔵野文化事業団
助成:文化庁文化芸術振興費補助金、企業メセナ協議会
協力:アワガミファクトリー、流山市生涯学習センター(流山エルズ)指定管理者アクティオ株式会社、
           株式会社うるとらはまいデザイン事務所、SHIBAURA RECORDS、(公財)セゾン文化財団、Office KOIKE
主宰:株式会社サイ

公演情報

What's new!
2017.1.12
私たちの世界会議の情報を追加!
"こちら"から!
 
2016.12.20
アフタートークの情報を追加!
"こちら"から!
 
2016.12.12
特別企画に主宰 小池博史と美術家 栗林隆の対談を掲載!

Instagram