動画配信ラスト!パパ・タラフマラの3時間の大作「WD」

2000年から2001年に渡って作られたのが「WD」。20世紀を振り返り21世紀を展望するというコンセプトの下、創作真っ只中で9.11が起きた。
本作の第1章は創作後、世界を旅し、第2章はシドニーで幕を開け、第4章は9.11後の不穏な空気のサンフランシスコで創作、公演、2001年の終わりに総集編として纏まったのが本「WD」。

さて、「21世紀は20世紀を超えられるのか。私たちは何をして来たのか。言葉によらぬ、身体による一大叙事詩。私たちはどこへいくのか。」
まさに21世紀に向けての暗示に満ちたパパ・タラフマラの「WD」。大きな賛否を巻き起こした作品の登場です。

パパ・タラフマラの3時間の大作「WD」。
1,2章、3,4章で期間を変えて提供したのち、全篇での提供も行います。
3期に渡ってのレンタル公開!
本作品はアップリンクにて、DVDの販売が行われています。今回は特別に格安で提供しています。半額以下になっていますので、この機会に是非

**********

8月27日〜9月3日 第1章 I Was Born / 第2章 Love Letter
ー 1,000円
9月4日〜9月11日 第3章 So What / 第4章 The Sound of Future Sync
ー 1,000円
9月12日〜9月18日 第1章〜第4章 WD  全編
ー 2,000円

このリンクからレンタル配信券を購入いただけます!

************

レンタル公開中は小池博史ブリッジプロジェクトFacebookとYoutubeでWD出演者、音楽家、美術家、衣装制作を担当した方々のトークをご用意いたします。作品とともにご覧いただくことをおすすめします。

第1章 I was Born 19世紀末から1920年代までをイメージして作られた章(ドフトエフスキー「悪霊」より)
第2章 Love Letter 1930年代から1950年代までをイメージしてる章
第3章 So What? 1960年代からほぼ2000年をイメージして描いた章
第4章 The Sound of Future Sync 21世紀を展望した章

■作・演出・振付:小池博史
■出演:小川摩利子,松島誠、白井さち子、三浦宏之、関口満紀枝、中村真咲、小林敦、秋葉睦子、小幡あえ架、岸草一、朴井明子、ささだあきこ、中川俊郎、ジョシュ・フォックス、アリフワラン・シャハルディン、チェ・ジン・ハン、リュウ・ソーラ、トム・トラス
■音楽:中川俊郎/レスリー・スタック、菅谷昌弘、種子田郷、リュウ・ソーラ
■美術:会田誠、松島誠、小池博史
■オブジェ:田中真聡、森脇裕之、宮木亜弥、福島直美
■映像:佐々木成明
■衣裳:浜井弘治、中蔦尋江
■照明:関根有紀子
■音響:江澤千香子
■舞台監督:大谷地力
■宣伝美術:葛西薫、安藤隆

【Vimeoオンデマンド鑑賞方法】
1)URLへアクセス:https://vimeo.com/ondemand/whathavewedone
2)「¥1,000でレンタル」をクリック
3)Vimeoのアカウントをお持ちで無い方は、登録の必要があります
お名前とメールアドレス、お好きなパスワードを入力してアカウントを取得してください
4)「¥1,000でレンタル」をクリックしてお支払い
お支払いはクレジット または Paypalのアカウントをお持ちの方はPaypalを通じて支払いが可能です
ただし、JCBカードでのお支払いをご希望の方はPayPalにご登録いただき、PayPalでのお支払いのみとなります
※クレジットカードをお持ちで無い方
sai@kikh.com / TEL 03-3385-2066へご連絡ください
5)視聴方法について:
8月27日20時より第1章と2章が公開され、9月3日まで購入できます
8月27日から9月3日まで視聴できます

第3章と第4章は9月4日に公開され、9月11日まで購入できます
9月4日から11日まで視聴できます

全編は9月12日から18日まで購入できます
購入された日から1週間視聴が可能となります

ご不明な点などございましたらご連絡ください

***************
配信サービス:VIMEO
On Demand レンタル